昨日よりも自由。30代からの感情解放。★無料メール相談受付中★

感情を抑えて自分を抑えて良い子ちゃんをやるのはもう卒業。30代、性と生のすべてにまつわる感情解放の日々の記録。メール相談はhttp://sarasainmidnight.hatenablog.com/entry/2017/07/22/142258

うつ

★感情、溜まってない?★

さらさです。 皆さん、こんなことはありませんか? ・なぜか同じパターンの悩みを繰り返す ・同じパターンの人と人間関係がこじれる ・ある感情がずっと心を支配している(いつも悲しい、いつも怒っているetc) ・なんか生きづらい

身体を動かすとか、スペースクリアリングとか。

心の問題が深くなると、心だけで解決したくなることって、あると思う。 たとえば、なんか辛い・苦しい・しんどい っていう時に、 じっくり自分の心と向き合ってみようと内観したり、 この感情はどこから来るのだろうと深堀したり、 心の本を読んだり、 カウ…

正しくありたかった。間違えたくなかった。

前回の続きです。 sarasainmidnight.hatenablog.com 私は子どもの頃からずっと、物事には正解があると信じて生きてきたように思います。 それは親の影響かも知れません。 あるいは、親の言うことは正しい、絶対的だと思ってきたからかも知れません。

他者の目を気にする人生と、自分自身を生きる人生と、その<あいだ>の時間。

今日もまた本の話から。 最近この小説を読んだ。 西加奈子「うつくしい人」。 うつくしい人 (幻冬舎文庫) 作者: 西加奈子 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2011/08/04 メディア: 文庫 クリック: 2回 この商品を含むブログ (2件) を見る この本すごい。出て…

悩む理由(さらさの場合)

さらさです。 ここしばらくの間、私はあることでモヤモヤと悩み続けています。 最初のうちは問題はひとつに見えていたけれど、時間が経っていくにつれいろいろな要素が絡み合ったものなのだとわかってきた。 何をどう選択すればいいのか、前にも後ろにも進め…

自分を責め続ける の詩

私がもし やりたい仕事やって 活躍して お金を稼いで かわいい服を着て メイクして どんどんかわいくなって 毎日楽しくて幸せで どんどん魅力的になったなら

急に気分が落ちてしかたないときは

さらさです。 感情解放とか、自分の心と向き合うとか、心の試みを日々続けていても、 ある日突然どうしようもなく気分が落ち込んでしまったり、 気力が途切れてしまったり、 すべての活動がめんどくさく感じてしまうときがあります。 (そんなときありません…

「やらなあかん」問題にどう対処したのか

前回の続き。 sarasainmidnight.hatenablog.com 引っ越しにあたって発生する数々の「やらなあかん」こと。 できればやりたくないこと。逃げたいこと。 これを私はどうやって切り抜けたのか?

「やらなあかん」こととの闘いと体調不良

久しぶりの更新っ!!! こんばんわ、さらさです。 このブログを書いていない期間、引越しをしてました。 厳密に言うと、 「引っ越しと引っ越しでくらったダメージの癒し作業」 が正しい。

しんどい家庭で育つということと、その意味。

先日、知り合いの女性Mさんと話をしていたときのこと。 ふと彼女の家族の話になった。 Mさんの親は鬱を患っており、経済的にも精神的にも彼女が家族を支えているということだった。 Mさんはまだ若くてとても明るく、そういう”重さ”とは無縁だと思っていたか…

「なんにもしない」の果てに湧いてきたワクワク。

こんにちは。なんにもしない大会延長戦やってます、川鍋です。 もうこりゃ、春ですね。空気のにおいが春だ。 あんまりあったかいので、縁側でこれ書いてます。 ***

苦しかった日々。

朝めざまし時計が鳴るから目を覚まし、 仕事があるからのそのそ起きて、 今日はこんな仕事しそうだからと服を選び、 あとでお腹がすいては困るからと台所にあるもので朝食を済ませ、 身体に良いから白湯を飲み、 車のデッキに入りっぱなしのCDを聞いて、 お…

私たちはみんな泉。本来豊かで、毎日新しくなっている存在。

先日パートナーと旅行に行った。 日々のあれこれにまみれてぐちゃぐちゃになっている私を見かねて、パートナーが提案してくれたのだった。 私の心は自分で思っているより疲れていたのか、 感覚が訪れるのが一拍遅いような鈍いような、ずっとぼーっと過ごして…

なんにもしない。

「今は何にもしたくない」 その本音を無視して、ずっとずっと、 「今の私は何がしたい?」「何がしたい?!」って、 自問ばかりしていた。

自分のことを労わることすらできないなんて。

ここ数日、気分は最悪だった。 仕事に行かなくてもいい日々が訪れ、 やったぁ休みだ〜♩ …と、のんびりゆったり暮らすはずが、 全然そうでもなく、 毎日、私の胸の中のザワザワ感は増していくばかりだった。

「会社を辞めよう」一年かけてようやく決意できた。

一年間悩み抜いた果てに、今夜やっと、会社を辞めると決めた。 やーーーーーーーっと、決めることができた。 会社を辞めると決めることは、なぜこんなに清々しい気持ちになれるのだろう。

生きづらさの理由/自分への厳しさを手放す

なぜこんなに生きづらいのか? 皆とても普通そうに、幸せそうに、生きているように見えるけど、なぜ自分だけただ生きることにとても苦しさを覚えるのか? そう思ったことがあるのは、私だけではないと思う。 以下は私が自分の生きづらさと向き合ったステップ…

無意識にガマンをため込むクセ/心の中の違和感をキャッチせよ

これまで私がうつになったとき、必ずその根本には自責の念があった。 いつもいつも、間違っているのは自分の方で、周りに合わせられない&期待に応えられない自分を訂正しようとがんばっていた。 最終的に「なんで私ばっかりが、周りに合わせなくちゃならな…

<うつ>のこと②/心がヤバくなったときのチェックリスト

前回の続きです。 sarasainmidnight.hatenablog.com 前回の記事で書いた通り、ネットで検索すれば何種類ものうつチェックリストが見れる。 でも、感受性は人それぞれ。 チェックリストでセーフ判定が出たとしても、「本気でヤバい」と自分で思ったら相応の対…

<うつ>のこと①/うつ状態とただの凹みの違い

年明け、車で夜道を走っていて例によってだだへこみの状態のとき、突然野生動物が飛び出してきて、よけられずはねてしまった。 山道ではよくある話なんだけど、そのとき精神状態が落ちていた上にやってしまったので、瞬間ああもう終わった、このまま深みに落…

自己探求は地獄の苦しみ。そんなことしなくても生きていける。でも、

年末の失恋以来、私はずっと自分の内に深く潜り続けている。 たかだか失恋の痛みかと思いきや、もっとずっと痛かった。 彼という失った存在に対する思いも大きかったけれども、その痛みは実に私の根源的な痛みに直結していた。

「死にたい」の理由/死にたいのは現状を変えたいだけだった

最近また死にたい気持ちになっていた。あー死にたい死にたい、と思いながらおせち料理作って食べて、お笑い番組を見た(笑)

インナーチャイルド と、傷を知る前の無垢な自分

ある日の空の上での出来事。 その日私は心も身体も脳も使いまくって、疲れ果てて帰りの飛行機に乗り込んだ。 ぶっ通しでいろんな人と会っていろんな話をしていたから神経は尖り、頭の中はうるさく、身体は緊張していた。