昨日よりも自由。30代からの感情解放。★無料メール相談受付中★

感情を抑えて自分を抑えて良い子ちゃんをやるのはもう卒業。30代、性と生のすべてにまつわる感情解放の日々の記録。メール相談はhttp://sarasainmidnight.hatenablog.com/entry/2017/07/22/142258

感情と向き合う

★感情、溜まってない?★

さらさです。 皆さん、こんなことはありませんか? ・なぜか同じパターンの悩みを繰り返す ・同じパターンの人と人間関係がこじれる ・ある感情がずっと心を支配している(いつも悲しい、いつも怒っているetc) ・なんか生きづらい

身体を動かすとか、スペースクリアリングとか。

心の問題が深くなると、心だけで解決したくなることって、あると思う。 たとえば、なんか辛い・苦しい・しんどい っていう時に、 じっくり自分の心と向き合ってみようと内観したり、 この感情はどこから来るのだろうと深堀したり、 心の本を読んだり、 カウ…

感情と向き合うとこんなことが起こる?!

自分の感情と向き合うと、 「恋愛がうまくいく!!」 「月収が〇〇万!!」 「こんな引き寄せが!!」 ということが起こる …と言われていますが、

母親との今と昔。憎み倒して許すこと。

さらさです。 私は今は実家から離れて暮らしているのですが、実家に久しぶりに帰省すると、 新鮮な目線で親を眺めることができるからおもしろいなぁと思う。

いつも何かを考えている、白黒つけたがる

さらさです。 先日友人と旅行してきました。 関西某所、家の一階部分に船を収納できるおうちが並ぶ海辺のまちです。 (ガレージに車ではなくて船が入っているイメージ)

他者の目を気にする人生と、自分自身を生きる人生と、その<あいだ>の時間。

今日もまた本の話から。 最近この小説を読んだ。 西加奈子「うつくしい人」。 うつくしい人 (幻冬舎文庫) 作者: 西加奈子 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2011/08/04 メディア: 文庫 クリック: 2回 この商品を含むブログ (2件) を見る この本すごい。出て…

悩む理由(さらさの場合)

さらさです。 ここしばらくの間、私はあることでモヤモヤと悩み続けています。 最初のうちは問題はひとつに見えていたけれど、時間が経っていくにつれいろいろな要素が絡み合ったものなのだとわかってきた。 何をどう選択すればいいのか、前にも後ろにも進め…

変化とは泥臭く地道なものだ(だから焦らない焦らない)

さらさです。 最近、この本読みました。 服部みれいさんの『あたらしい移住日記』 あたらしい移住日記 作者: 服部みれい 出版社/メーカー: 大和書房 発売日: 2016/11/26 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (2件) を見る

悩みごとの本質と解決

悩みごとの多くは、 今在る自分をそのまま認めてあげると、 たちどころに解決するのではないかと思うのです。

自分を責め続ける の詩

私がもし やりたい仕事やって 活躍して お金を稼いで かわいい服を着て メイクして どんどんかわいくなって 毎日楽しくて幸せで どんどん魅力的になったなら

人に迷惑をかける、怒られる、嫌われる

私は小さい頃から優等生で、人間関係では「人から嫌われないようにする」ということを最優先で生きてきたので、 人から怒られたり非難されたりするのがとても怖いです。 自分の心と向き合うことをするようになった今でも、その怖さはなかなか変わりません。

「やらなあかん」問題にどう対処したのか

前回の続き。 sarasainmidnight.hatenablog.com 引っ越しにあたって発生する数々の「やらなあかん」こと。 できればやりたくないこと。逃げたいこと。 これを私はどうやって切り抜けたのか?

「やらなあかん」こととの闘いと体調不良

久しぶりの更新っ!!! こんばんわ、さらさです。 このブログを書いていない期間、引越しをしてました。 厳密に言うと、 「引っ越しと引っ越しでくらったダメージの癒し作業」 が正しい。

「感情と向き合う」を手放す?!②/問題探しをしなくていい

前回の続き …の前に。

「感情と向き合う」を手放す?!①/なんにもしない生活のその後

相変わらず、ぼーーーっと、たゆたうように、流れるように暮らしています。 「最近の私はなんにもしない」とこれまでのブログでちょいちょい書いてきましたが、 「なんにもしない」って、毎日何をしているということなのか? 今日はこれについて書きます。

なんにもしない私になるまで

絶好調、「なんにもしない」キャンペーン実施中のかわなべです。 キャンペーン特典、何もなし! ポイント集めても、何もなし!!! 年明けくらいから始まったこの「なんにもしない」運動。 これは自分の心身にとてもいいもののようなので、もっといろいろ書…

両親の不仲問題

年末年始と実家に帰省している私ですが、帰省するたびにいつも身構えてしまうことがある。 うちの両親、非常に仲悪いです。 ときどき怒鳴り合いしてます。

私たちはみんな泉。本来豊かで、毎日新しくなっている存在。

先日パートナーと旅行に行った。 日々のあれこれにまみれてぐちゃぐちゃになっている私を見かねて、パートナーが提案してくれたのだった。 私の心は自分で思っているより疲れていたのか、 感覚が訪れるのが一拍遅いような鈍いような、ずっとぼーっと過ごして…

なんにもしない。

「今は何にもしたくない」 その本音を無視して、ずっとずっと、 「今の私は何がしたい?」「何がしたい?!」って、 自問ばかりしていた。

自分のことを労わることすらできないなんて。

ここ数日、気分は最悪だった。 仕事に行かなくてもいい日々が訪れ、 やったぁ休みだ〜♩ …と、のんびりゆったり暮らすはずが、 全然そうでもなく、 毎日、私の胸の中のザワザワ感は増していくばかりだった。

この世界は安心・安全ということ/33歳女の粗相

今日の朝の出来事。 ある言葉が何の脈絡もなく突然浮かびました。 「この世界は安心・安全」

ものすごく嫌なときも。感情を感じる。

昨日は朝から憂鬱だった。仕事に行きたくなさすぎた。 ゴタゴタの末に決めた退職、そしてその終了日の間際に、 これでもかと仕事が降りかかってきて、ついでに人間関係の面倒ごともあって、 昨日は、昨日だけは、どうしても会社に行きたくなかった。 これ以…

その頑固さは何を守っているのか?

毎日いろいろなことがあります。 私、もうすぐ会社を辞めます。 すでにカウントダウンに入っています。 今、残されたわずかな仕事の処理作業に入っているんですが、 そんなわずかな仕事の中でも、 別のスタッフ間の不和に知らん間に巻き込まれてしまった。

パートナーとのケンカは風邪みたいなもんだ

昨日、パートナーとケンカした。 最近なんだか二人の間に不穏な気配が漂ってるな~とは感じていて、 自分の心の中にも言葉にならないモヤがあるようなないような・・・・・・ そんな状態が続いていた。

一番恐れていることと向き合う。<自己表現>。

しばらくは仕事のことを書こうと思っていたけれど、 今日はうまく書けなかったので別の話。 私が一番恐れていることは、 自分をありのまま表現すること だ。

会社をクビになって思うこと①

先日の記事にも書いた通り、私は先日会社を クビ になりました。 クビになって、心の中は大荒れだった。 なんせ私、 今まで優等生やったから

長ったらしいブログ記事に隠された本心

昨日、人間関係である出来事があり、それについて思うところがあって、記事を書いていた。 1500文字くらい、いつもより少し長い記事になって、頭が熱くなってくる感覚があったので下書きに残して一旦作業をやめた。

嫌われないように、いつも一歩引いている。自分を表現してない。

嫌われたくないというのが根底にあるなぁと気づいた話が前回。 sarasainmidnight.hatenablog.com それについてずっと考えていて、新たに発見したこと。

本音。それでもやっぱり私は嫌われるのが怖い。

掲題の通りです(笑) 気になる方のみ先をお読みください^^; 嫌われたくない願望って誰でも多少なりとも持っているものではないかなぁと思うけれど。

元不倫相手の娘と仲良くなっちゃった話

その日私とパートナーは、あるスポーツサークルの集会に出掛けて行きました。 二人とも普段運動なんかしないくせに、気まぐれで参加してみたのです。 そしたらそこで、 元不倫相手の嫁・子どもたち (つまり彼以外家族全員)に遭遇。

他人の心配ばっかりしてんじゃねぇ

珍しく怒ります。 私が会社を辞めるにあたって、周りの人がさまざまな反応を見せる。 どういう反応をするかで、その人の心の中身がわかる。 今日は、職場のある男性から多大な心配をされました。 「これから彼氏と二人でどうするんすか・・・?」

人を嫌うことを我慢してませんか?嫌いな人はしっかり嫌おう(^ ^)

私には困った癖があって、 誰かキライな人ができた時に、こう思ってしまうのだ。 「他に彼/彼女を嫌ってる人なんていないし、私が間違ってるのではないか?」

今の今まで自分は優等生だと信じて疑わなかったよ_| ̄|○ チーン

いちおう前回の続きです。 sarasainmidnight.hatenablog.com このたびの退職騒動(ほぼほぼクビ)でわかったことがあります。 いろんな感情が湧き上がる中で、最も抵抗を感じた感情 それは

「感情を感じる」ができていなかった!!

最近仕事のゴタゴタがあってから、以前にも増してさらに日常にいろんな感情が出てくるようになった。 この先不安だなぁ、仕事ツライなぁ、しんどいなぁ、悲しいなぁ、ずっとこんなだったらどうしよ、上司も社長もなんなんだよ、 などもうそればっかりがぐる…

嫌な出来事は罰でも仕打ちでもなんでもない。感じて終わればよい。

会社を辞めるってことを決めたのが前回の記事。 sarasainmidnight.hatenablog.com それを本日、雇い主に伝えました。 そしたら、予想外にも最悪の反応が返ってきた。

「会社を辞めよう」一年かけてようやく決意できた。

一年間悩み抜いた果てに、今夜やっと、会社を辞めると決めた。 やーーーーーーーっと、決めることができた。 会社を辞めると決めることは、なぜこんなに清々しい気持ちになれるのだろう。

私のがんばらない禁煙③/タバコがないと生きていけなかった自分を認める

これまでの記事はこちら sarasainmidnight.hatenablog.com sarasainmidnight.hatenablog.com さて、禁煙にトライして挫折したことのある人ならわかってくれるだろうが、

私のがんばらない禁煙①/本当に美味しい?

タバコやめた。 こんなにがんばらない禁煙は初めてだ。 というわけで、今回私が実践できた「がんばらない禁煙」について書いていきたい。

セックスが怖い。

最近パートナーができた。 心から安心できて、たくさんの時間を共にできそうな相手。 一緒にいて何も心配いらない、そう思えたが、その矢先に大きな問題にぶち当たった。 ーーーセックスが怖いのだ。

ビミョーに逃げてるから悩みが大きくなるのだ。

表題は、借金問題を抱えていて気づいたことだ。 別に金銭問題に限ったことではなく、何にでも言えること。

不倫エピローグ。久々に不倫の元彼に会って感じたこと。

先日、仕事の所用で不倫の元彼に会ってきました。 二人きりの会合ではなかったけれど、顔を合わせるのは約4ヶ月ぶりだった。 4ヶ月前の私はまだ全然彼のことを忘れられていなくて、未練があるということもフタをしていた。 自分の心のコントロールができな…

傷ついても地獄を見ても、また人を好きになれる。不倫のあとに訪れた新しい恋。

好きな人ができました。 不倫でズタボロになった私に訪れた希望。 もう恋をすることはないんじゃないかと思っていた。 また人を愛せるようになることを夢見ていながらも、それは凍るような深海から光差す水面を思うかのような、遠い世界の出来事に思えた。

夢や望みや目標を捨ててしまってもいい。

先日、山奥にある川の源流に友人と遊びに行き、沐浴をしていた。 滝があり、巨岩ごろごろ、今も昔も手付かずの自然のまま残されている場所だった。 身体を水に浸し、響き渡る水音を聞いていたら、不思議な感覚になった。

<怒り、憎しみ④>感情を外側に向けるよりもまずやるべきこと

ずっと書き忘れてたけど、怒りや憎しみなどの感情と向き合う時に忘れてはいけない(&忘れがちな)ことがあります。 それは、

<怒り、憎しみ③>その後の自分に起こった変化

前回の記事にも書いたように、強い憎しみを抱えることによって「自分はもう以前の自分には戻れないかも知れない」と思ったことがあった。 そのときとは意味合いは違うけれど、今改めて振り返って、やっぱり自分は以前の自分とは決定的に違う、元には戻れない…

<怒り、憎しみ②>解放篇。それでもやっぱり人を愛したいから。

思いっきり人を憎んだことのある人ならわかると思う。 憎しみや恨みを感じているとき、どんなに心が重たくなるか。 どんなに他の物事や、物事の明るい部分が見えなくなるか。 どんなに苦しいか。 ***

<怒り、憎しみ①>感情との向き合い方

最近、私は怒りの感情にすごく敏感になった。 私は人に向けて怒ることってこれまであんまり無かったので自分で温厚な人間だと思っていたのだけれど、実はそうでもなく、出来事や人に対してたびたびイラついたり怒ったりしていることに気づいたのだ。 私の場…

今どんなに暗く苦しく孤独でたまらなくても、いつか抜ける日が来る

夏が来た。 夏が来るのが怖かった。 ちょうど一年前、私は不倫の恋愛を始めた。 どれだけ忙しくても全力で時間を作り、全力で秘密を守り抜き、全力で恋し、全力で幸せだった季節。 膨大な思い出と想いを彼の車とホテルの密室に閉じ込めた、去年の夏。 この季…

弱い私も、責める私も、全部尊き私。

大人になってからも私はずっと、心の中に弱さを、恐れを、ずっと抱いて生きてきた。 ずっと気づかなかった(無意識的に気づかないふりをしていた)けど、外的トラブルに直面するたびに私は、子どもの頃のまま何も変わっていない、無力な自分を内側に感じ続け…

かわいいは作れる。幸か不幸かは選べる。

こんにちは。 最近、泣き面に蜂のごとくいろんな出来事が身に降りかかっている女、川鍋さらさです。 改めて厄のパワーを全身で体感しています。 さて、ここ最近自撮りがマイブームで、先日、過去の自撮り写真を見返していました。 そのとき思った。 なんじゃ…