昨日よりも自由

感情を抑えて自分を抑えて良い子ちゃんをやるのはもう卒業。30代、性と生のすべてにまつわる感情解放の日々の記録

感情と向き合う

長ったらしいブログ記事に隠された本心

昨日、人間関係である出来事があり、それについて思うところがあって、記事を書いていた。 1500文字くらい、いつもより少し長い記事になって、頭が熱くなってくる感覚があったので下書きに残して一旦作業をやめた。

嫌われないように、いつも一歩引いている。自分を表現してない。

嫌われたくないというのが根底にあるなぁと気づいた話が前回。 sarasainmidnight.hatenablog.com それについてずっと考えていて、新たに発見したこと。

本音。それでもやっぱり私は嫌われるのが怖い。

掲題の通りです(笑) 気になる方のみ先をお読みください^^; 嫌われたくない願望って誰でも多少なりとも持っているものではないかなぁと思うけれど。

元不倫相手の娘と仲良くなっちゃった話

その日私とパートナーは、あるスポーツサークルの集会に出掛けて行きました。 二人とも普段運動なんかしないくせに、気まぐれで参加してみたのです。 そしたらそこで、 元不倫相手の嫁・子どもたち (つまり彼以外家族全員)に遭遇。

他人の心配ばっかりしてんじゃねぇ

珍しく怒ります。 私が会社を辞めるにあたって、周りの人がさまざまな反応を見せる。 どういう反応をするかで、その人の心の中身がわかる。 今日は、職場のある男性から多大な心配をされました。 「これから彼氏と二人でどうするんすか・・・?」

人を嫌うことを我慢してませんか?嫌いな人はしっかり嫌おう(^ ^)

私には困った癖があって、 誰かキライな人ができた時に、こう思ってしまうのだ。 「他に彼/彼女を嫌ってる人なんていないし、私が間違ってるのではないか?」

今の今まで自分は優等生だと信じて疑わなかったよ_| ̄|○ チーン

いちおう前回の続きです。 sarasainmidnight.hatenablog.com このたびの退職騒動(ほぼほぼクビ)でわかったことがあります。 いろんな感情が湧き上がる中で、最も抵抗を感じた感情 それは

「感情を感じる」ができていなかった!!

最近仕事のゴタゴタがあってから、以前にも増してさらに日常にいろんな感情が出てくるようになった。 この先不安だなぁ、仕事ツライなぁ、しんどいなぁ、悲しいなぁ、ずっとこんなだったらどうしよ、上司も社長もなんなんだよ、 などもうそればっかりがぐる…

嫌な出来事は罰でも仕打ちでもなんでもない。感じて終わればよい。

会社を辞めるってことを決めたのが前回の記事。 sarasainmidnight.hatenablog.com それを本日、雇い主に伝えました。 そしたら、予想外にも最悪の反応が返ってきた。

「会社を辞めよう」一年かけてようやく決意できた。

一年間悩み抜いた果てに、今夜やっと、会社を辞めると決めた。 やーーーーーーーっと、決めることができた。 会社を辞めると決めることは、なぜこんなに清々しい気持ちになれるのだろう。

私のがんばらない禁煙③/タバコがないと生きていけなかった自分を認める

これまでの記事はこちら sarasainmidnight.hatenablog.com sarasainmidnight.hatenablog.com さて、禁煙にトライして挫折したことのある人ならわかってくれるだろうが、

私のがんばらない禁煙①/本当に美味しい?

タバコやめた。 こんなにがんばらない禁煙は初めてだ。 というわけで、今回私が実践できた「がんばらない禁煙」について書いていきたい。

セックスが怖い。

最近パートナーができた。 心から安心できて、たくさんの時間を共にできそうな相手。 一緒にいて何も心配いらない、そう思えたが、その矢先に大きな問題にぶち当たった。 ーーーセックスが怖いのだ。

ビミョーに逃げてるから悩みが大きくなるのだ。

表題は、借金問題を抱えていて気づいたことだ。 別に金銭問題に限ったことではなく、何にでも言えること。

不倫エピローグ。久々に不倫の元彼に会って感じたこと。

先日、仕事の所用で不倫の元彼に会ってきました。 二人きりの会合ではなかったけれど、顔を合わせるのは約4ヶ月ぶりだった。 4ヶ月前の私はまだ全然彼のことを忘れられていなくて、未練があるということもフタをしていた。 自分の心のコントロールができな…

傷ついても地獄を見ても、また人を好きになれる。不倫のあとに訪れた新しい恋。

好きな人ができました。 不倫でズタボロになった私に訪れた希望。 もう恋をすることはないんじゃないかと思っていた。 また人を愛せるようになることを夢見ていながらも、それは凍るような深海から光差す水面を思うかのような、遠い世界の出来事に思えた。

夢や望みや目標を捨ててしまってもいい。

先日、山奥にある川の源流に友人と遊びに行き、沐浴をしていた。 滝があり、巨岩ごろごろ、今も昔も手付かずの自然のまま残されている場所だった。 身体を水に浸し、響き渡る水音を聞いていたら、不思議な感覚になった。

<怒り、憎しみ④>感情を外側に向けるよりもまずやるべきこと

ずっと書き忘れてたけど、怒りや憎しみなどの感情と向き合う時に忘れてはいけない(&忘れがちな)ことがあります。 それは、

<怒り、憎しみ③>その後の自分に起こった変化

前回の記事にも書いたように、強い憎しみを抱えることによって「自分はもう以前の自分には戻れないかも知れない」と思ったことがあった。 そのときとは意味合いは違うけれど、今改めて振り返って、やっぱり自分は以前の自分とは決定的に違う、元には戻れない…

<怒り、憎しみ②>解放篇。それでもやっぱり人を愛したいから。

思いっきり人を憎んだことのある人ならわかると思う。 憎しみや恨みを感じているとき、どんなに心が重たくなるか。 どんなに他の物事や、物事の明るい部分が見えなくなるか。 どんなに苦しいか。 ***

<怒り、憎しみ①>感情との向き合い方

最近、私は怒りの感情にすごく敏感になった。 私は人に向けて怒ることってこれまであんまり無かったので自分で温厚な人間だと思っていたのだけれど、実はそうでもなく、出来事や人に対してたびたびイラついたり怒ったりしていることに気づいたのだ。 私の場…

今どんなに暗く苦しく孤独でたまらなくても、いつか抜ける日が来る

夏が来た。 夏が来るのが怖かった。 ちょうど一年前、私は不倫の恋愛を始めた。 どれだけ忙しくても全力で時間を作り、全力で秘密を守り抜き、全力で恋し、全力で幸せだった季節。 膨大な思い出と想いを彼の車とホテルの密室に閉じ込めた、去年の夏。 この季…

弱い私も、責める私も、全部尊き私。

大人になってからも私はずっと、心の中に弱さを、恐れを、ずっと抱いて生きてきた。 ずっと気づかなかった(無意識的に気づかないふりをしていた)けど、外的トラブルに直面するたびに私は、子どもの頃のまま何も変わっていない、無力な自分を内側に感じ続け…

かわいいは作れる。幸か不幸かは選べる。

こんにちは。 最近、泣き面に蜂のごとくいろんな出来事が身に降りかかっている女、川鍋さらさです。 改めて厄のパワーを全身で体感しています。 さて、ここ最近自撮りがマイブームで、先日、過去の自撮り写真を見返していました。 そのとき思った。 なんじゃ…

脱かまってちゃん!!承認欲求を手放す方法

私は長年、かまってちゃんをやってきた。 誰かにかまって欲しい、こんな私をいつか助けてくれる人がいるはず、私を見つけて、私に気づいて、私を守って欲しい…と心の底でずっと思ってきた。

未練の手放し方/モヤモヤしてるなら一度本気で願ってみろ

先日、京都の鞍馬山に行った。 登山道に沿ってお社が点在していた。 純粋に山登りたくて行ったんだけど、綺麗なお社を見ているとお詣りもして行こうという気分になってきた。 よし、お賽銭を投げ入れ、今の自分の願いを…… あれ。 全然浮かばない。

結婚願望がないという大ウソ

最近、自分の周りで結婚ラッシュが続いている。 しかもそれが、30代後半とか40代後半の世代や、この人はずっと独身なんだろうなぁと思われていた人たちの間で! 今年入ってからSNSのタイムラインでソレ系のがめっちゃ流れてくる。 身も蓋もない言い方を…

ブログばれるw/秘密がバレるのはオープンに生きるチャンス

先日恥ずかしい失敗をした。 他人には隠しておきたいヒミツにつながるものが他人に渡ってしまった。 自分の感覚としては、 例えば ものすごく変わった性癖を知られてしまったような感じ? 隠していたキワモノのエロ本を見つけられてしまったような感じ? 隠…

「好き」も「欲しい」も否定することはできない。たとえ不倫でも。

先日、不倫の元彼と顔を合わせる機会があった。 これは全く喜ばしいことではなかった。むしろ恐怖。 別れて以降ようやく心の平静を取り戻したところなので、もうこのまま会わずにすむ暮らしを送りたかった。 しかし、ここ数ヶ月のうちで、所用で元彼と関わら…

生きづらさの理由/自分への厳しさを手放す

なぜこんなに生きづらいのか? 皆とても普通そうに、幸せそうに、生きているように見えるけど、なぜ自分だけただ生きることにとても苦しさを覚えるのか? そう思ったことがあるのは、私だけではないと思う。 以下は私が自分の生きづらさと向き合ったステップ…