昨日よりも自由。30代からの感情解放。

感情を抑えて自分を抑えて良い子ちゃんをやるのはもう卒業。30代、性と生のすべてにまつわる感情解放の日々の記録。

自分軸、他人軸

「やらなあかん」問題にどう対処したのか

前回の続き。 sarasainmidnight.hatenablog.com 引っ越しにあたって発生する数々の「やらなあかん」こと。 できればやりたくないこと。逃げたいこと。 これを私はどうやって切り抜けたのか?

苦しかった日々。

朝めざまし時計が鳴るから目を覚まし、 仕事があるからのそのそ起きて、 今日はこんな仕事しそうだからと服を選び、 あとでお腹がすいては困るからと台所にあるもので朝食を済ませ、 身体に良いから白湯を飲み、 車のデッキに入りっぱなしのCDを聞いて、 お…

クビになって思うこと②/他人軸だった

①はこちら→ sarasainmidnight.hatenablog.com 引き継ぎなどもなんとか終わり、現在有給休暇を使って長いお休みをとっています。 非常にゆったり、心穏やかに過ごせている日々。 こんな生活・こんな世界があるなんて、半年前の私には信じられないだろうな。

美容院で髪切って不満だった話と、そこからの気づき

久しぶりに髪を切りに行きました。 美容院は半年くらい行っていない。カットは1年くらいしていない。 毛先が傷んでホウキみたいになってきたので、思い切ってカットしに行った。 というわけで、いつもお願いしている美容院へ。 〜〜中略〜〜

なぜ不倫の恋愛がつらくなってくるのか、唐突にわかった

最近ひらめきました。 なぜ、不倫の恋愛がだんだんと辛くなってくるのか? 最初のうちは幸せいっぱいに感じられるのに、 なぜ途中から「こんなはずじゃない」と 息苦しさを感じるようになるのか? その理由がようやくわかった。 (今さら!!!)

パートナーとのケンカは風邪みたいなもんだ

昨日、パートナーとケンカした。 最近なんだか二人の間に不穏な気配が漂ってるな~とは感じていて、 自分の心の中にも言葉にならないモヤがあるようなないような・・・・・・ そんな状態が続いていた。

会社をクビになって思うこと①

先日の記事にも書いた通り、私は先日会社を クビ になりました。 クビになって、心の中は大荒れだった。 なんせ私、 今まで優等生やったから

嫌われないように、いつも一歩引いている。自分を表現してない。

嫌われたくないというのが根底にあるなぁと気づいた話が前回。 sarasainmidnight.hatenablog.com それについてずっと考えていて、新たに発見したこと。

本音。それでもやっぱり私は嫌われるのが怖い。

掲題の通りです(笑) 気になる方のみ先をお読みください^^; 嫌われたくない願望って誰でも多少なりとも持っているものではないかなぁと思うけれど。

他人の心配ばっかりしてんじゃねぇ

珍しく怒ります。 私が会社を辞めるにあたって、周りの人がさまざまな反応を見せる。 どういう反応をするかで、その人の心の中身がわかる。 今日は、職場のある男性から多大な心配をされました。 「これから彼氏と二人でどうするんすか・・・?」

「会社を辞めよう」一年かけてようやく決意できた。

一年間悩み抜いた果てに、今夜やっと、会社を辞めると決めた。 やーーーーーーーっと、決めることができた。 会社を辞めると決めることは、なぜこんなに清々しい気持ちになれるのだろう。

私のがんばらない禁煙②/ところで私、どうなりたい?

前回の記事、禁煙しようと決めた経緯についてはコチラ⇒ sarasainmidnight.hatenablog.com 私がタバコをやめることができた第2の秘訣、それは、 「自分のなりたい像を思い出すこと」だった。 というと、すごくベタ~〜な自己啓発本ちっくでムズ痒くなるんで…

セックスが怖い。

最近パートナーができた。 心から安心できて、たくさんの時間を共にできそうな相手。 一緒にいて何も心配いらない、そう思えたが、その矢先に大きな問題にぶち当たった。 ーーーセックスが怖いのだ。

ビミョーに逃げてるから悩みが大きくなるのだ。

表題は、借金問題を抱えていて気づいたことだ。 別に金銭問題に限ったことではなく、何にでも言えること。

自分軸で生きようと決めて3ヶ月。その驚きの変化。

ずっと他人の顔色を伺って他人に嫌われないように、周りのために生きてきた私。 でも不倫やなんやあった上に今年6月、追い打ちをかけるように金銭トラブルが我が身に起こり、借金し、もうイヤ、もういい加減幸せになりたいと決めた。 何においてもまずは自…

<怒り、憎しみ④>感情を外側に向けるよりもまずやるべきこと

ずっと書き忘れてたけど、怒りや憎しみなどの感情と向き合う時に忘れてはいけない(&忘れがちな)ことがあります。 それは、

<怒り、憎しみ③>その後の自分に起こった変化

前回の記事にも書いたように、強い憎しみを抱えることによって「自分はもう以前の自分には戻れないかも知れない」と思ったことがあった。 そのときとは意味合いは違うけれど、今改めて振り返って、やっぱり自分は以前の自分とは決定的に違う、元には戻れない…

弱い私も、責める私も、全部尊き私。

大人になってからも私はずっと、心の中に弱さを、恐れを、ずっと抱いて生きてきた。 ずっと気づかなかった(無意識的に気づかないふりをしていた)けど、外的トラブルに直面するたびに私は、子どもの頃のまま何も変わっていない、無力な自分を内側に感じ続け…

かわいいは作れる。幸か不幸かは選べる。

こんにちは。 最近、泣き面に蜂のごとくいろんな出来事が身に降りかかっている女、川鍋さらさです。 改めて厄のパワーを全身で体感しています。 さて、ここ最近自撮りがマイブームで、先日、過去の自撮り写真を見返していました。 そのとき思った。 なんじゃ…

脱かまってちゃん!!承認欲求を手放す方法

私は長年、かまってちゃんをやってきた。 誰かにかまって欲しい、こんな私をいつか助けてくれる人がいるはず、私を見つけて、私に気づいて、私を守って欲しい…と心の底でずっと思ってきた。

「死にたい」の理由/死にたいのは現状を変えたいだけだった

最近また死にたい気持ちになっていた。あー死にたい死にたい、と思いながらおせち料理作って食べて、お笑い番組を見た(笑)

「私がこうなったのは○○のせい」→「人生の主人公は私」へのシフトの仕方

もう多くの人が気づいていると思う。 原因を外部に求めても何も解決しないってことを。 恋愛がいつもうまくいかないのは幼い頃親に愛してもらえなかったせい、 自信がないのは厳しく育てられたせい、 いつまでもやりたいことがわからないのは幼い頃に抑圧さ…