昨日よりも自由。30代からの感情解放。★無料メール相談受付中★

感情を抑えて自分を抑えて良い子ちゃんをやるのはもう卒業。30代、性と生のすべてにまつわる感情解放の日々の記録。メール相談はhttp://sarasainmidnight.hatenablog.com/entry/2017/07/22/142258

無意識にガマンをため込むクセ/心の中の違和感をキャッチせよ

 これまで私がうつになったとき、必ずその根本には自責の念があった。

 

いつもいつも、間違っているのは自分の方で、周りに合わせられない&期待に応えられない自分を訂正しようとがんばっていた。

 

最終的に「なんで私ばっかりが、周りに合わせなくちゃならないのだ」と吹っ切れることができたし、

自分を責めたり罪悪感を感じることにあまり意味はないことにも気づいた。

それ以降、自責や罪悪感に打ち勝てるようになったし、堂々と自分を生きれるようになったと思う。

 

 でも、何度も懲りていても、自分を抑え込むクセはまだまだ染み付いているみたいだ。

 

 

 

【失恋を機にあふれ出した本心】

 

 去年の中盤以降、私は妙に生きづらさを感じていることに気がついた。

特に理由もなく涙が出たり、いつもどこか心が重苦しかったりした。

 

そして年末に不倫の彼と別れた頃、生きづらさを抱えている自分をはっきりと自覚した。

そして、自分がいかに欲求を抑え込んでいたかに気付いた。

 

付き合い始めの頃から私は、彼とはいつか別れるのはわかっていたし、それでもいいというやたら物分りのいい態度を通していたのだが、本当の本心は全然そんなんじゃなかった。

 

本当は彼と一緒になりたいとずっと思っていた。無意識に。

彼の子どもが欲しいとまで思っていた。

でも、そういうのって彼に迷惑がられるだけだと思っていた。

 

 まずそれに気付いて愕然とした。

だって付き合っている間はそんなこと全く意識に上ってこなかったもの。

そして、それに刺激されるように、芋づる式に自分が普段から押し殺していたものがたくさん出てきた。

 

ーー本当はものすごく孤独で寂しい。

  でもそんなのを表に出したらみっともない。笑われる。

ーー本当は実家に住み続けたかった。

  でも親とまた喧嘩してしまうから自分が家を出て行くしかなかった。

ーー本当はあの子がめちゃくちゃ嫌い。

  でもそんなの思うのは冷たすぎるんじゃないか。

ーー本当は人付き合いがめちゃくちゃめんどくさい。

  でも期待されている以上サービスしなきゃ。

ーー本当は今の仕事やりたくない。

  でも仕事を変えると生活が大幅に変わるし我慢しなきゃ。

 

 

 生活のすべてに関わる数々の我慢が噴出して、果たして本当の自分は何をしたいのか、どうしたいのか、

全然わからなくなった。

それまで自分のアイデンティティを支えているはずだったものが全部嘘だったと、すっかり自分を見失った。

 

戸籍と身体以外全部見失った気分だった。

居場所さえも見失った。なぜ自分が今ここにいるのか、本気でわからなかった。

 

***

 

 でも、感情にフタするようなことはもうしたくなかった。

もう同じことを今後二度と繰り返したくなかった。

もう何年も続いている、違和感を感じながら生きていく気持ち悪さから解放されたかった。

 

何より、私はバカ正直な人間で、一度気付いてしまったらもう見て見ぬ振りをすることができなかった。

 

 

【自分の心と向き合うトレーニング】

 

 普段たびたび感じていて、感じすぎてもはや当たり前になってしまっていた、“妙な違和感”。

それを感じたら、今のは何だ?と心に問うことにする。

すると、

ああ、あの時のことを思い出して悲しくなってんだな、とか、

あの人の仕事できなさ具合にイラッとしたけど、指摘できなかったな、とか、

正体が明らかになってくる。

 

本当にしょーもない内容のときもあります。

「“鼻かんだティッシュをテーブルに置くな!捨てろ!”って今思ったけど言えなかったな」とか…。

でもこのしょーもなさですら今まで無意識にため込んでいたのだから、自覚できるようになるってだけで進歩。

 

***

 

 こうしてひとつひとつ、自分の感情に向き合っていくことにした。

ここからの道のりが長かった。

 

続く。。。