昨日よりも自由。30代からの感情解放。★無料メール相談受付中★

感情を抑えて自分を抑えて良い子ちゃんをやるのはもう卒業。30代、性と生のすべてにまつわる感情解放の日々の記録。メール相談はhttp://sarasainmidnight.hatenablog.com/entry/2017/07/22/142258

「好き」も「欲しい」も否定することはできない。たとえ不倫でも。

先日、不倫の元彼と顔を合わせる機会があった。

 

これは全く喜ばしいことではなかった。むしろ恐怖。

別れて以降ようやく心の平静を取り戻したところなので、もうこのまま会わずにすむ暮らしを送りたかった。

 

しかし、ここ数ヶ月のうちで、所用で元彼と関わらねばならない機会が何度かやってきた。気持ちが上向きになってきているときに限ってそれは訪れるのだ。

 

私はこれまでそういう機会をいろんな理由や用事や仮病を駆使してどうにかこうにか回避してきたけど、先日のはどうしても、避けることのできない一件だった。

もう、戦に行くくらいの心持ちで、出向いた。

 

 

***

 

いろんな人が集まっている場に彼はいた。

その部屋のドアを開けたときから、私の歯はガチガチ鳴っていた。

不審がられないように最低限の平静さを装って、その場にいた他の知人たちと話をしていた。

 

が、

私の目や耳や心や頭が、ずっと彼を追っていた。

彼が同じ場にいるということを意識し続けていた。

彼がこっちに歩いてきたときは、心が跳ね上がった。

 

もう、認めるしかなかった。

 

 

私は今なお彼を求めている。

彼が欲しいのだ。

 

顔を合わせることを極度に恐れていた理由は、これを認めるのが怖かったからだ。

 

私が最も押し殺してきた感情だったのだ。

 

 

***

 

思い返せば簡単にわかることだった。

 

彼と別れてからの私は、いろんな場所に行ってみたりいろんな世界に飛び込んだりして、それはそれで自分を解放してくれた経験ではあったけれど、

彼に向かう気持ちは別れてからずっと時間が止まったままだったのだ。

 

最近は激しい感情にかられて泣き喚く日も減り、喜びや楽しみを見つける感性が蘇ってきたけれど、それでも心の中に彼を感じ続けていた。

 

 

しかし、純粋に彼を想う気持ちの上から、

 

 「求めたところでどうせ彼は手に入らない」

 「だから忘れなければならない

 「新しい恋愛をしたい」(=次の恋愛を早く探さなくては

 「幸せになりたい」(=早く幸せにならなければ

 「これは未練だ」(=未練がましいのはよくない

 「執着だ」(=執着はよくない感情だ)

 「こんなんじゃいつまでも幸せになれない

 

というフタを何重にも被せていた。

彼への気持ちを頭で打ち消そうとしていた。

でも消えなかった。

 

 

***

 

誰かを想う気持ちのエネルギーはとてつもなく大きい。

それはきっと、どんな言い訳や理由をもってしても無かったことにはできない。

それを打ち消そうとするほどに、悲しみや怒りや憎しみの感情が大きくなってくる。

 

たとえ不倫であれ何であれ、

誰かを想う気持ちにマルもバツもない。

ただただ、想いをめいいっぱい、心で感じたらいい。

 

どんなに望みがなくても非現実的であっても、気持ちはもう既にそこに在るのだ。

 

 

***

 

こうしてある意味、私の気持ちはふりだしに戻った。

それは全然悪いことではなく、むしろスッキリした気分だ。

自分の本心を取り出すことができたから。

 

で、これからどうするのか?

もう一度彼と逢うことを望みそれを彼にぶつけるのだろうか、

それとも本心に気付いた今、想いは徐々に薄まっていくのだろうか?

 

それはわからない。

それは今以降、これからの自分が決めるだろう。

 

というか、どう行動するかは今は特に重要ではない。

 

自分の気持ちに気づけたことが今はとても嬉しい。

 

そんな自分がとても嬉しい。