昨日よりも自由。30代からの感情解放。★無料メール相談受付中★

感情を抑えて自分を抑えて良い子ちゃんをやるのはもう卒業。30代、性と生のすべてにまつわる感情解放の日々の記録。メール相談はhttp://sarasainmidnight.hatenablog.com/entry/2017/07/22/142258

ブログばれるw/秘密がバレるのはオープンに生きるチャンス

先日恥ずかしい失敗をした。

 

他人には隠しておきたいヒミツにつながるものが他人に渡ってしまった。

 

自分の感覚としては、

例えば

 

ものすごく変わった性癖を知られてしまったような感じ?

隠していたキワモノのエロ本を見つけられてしまったような感じ?

隠していたアダルトグッズ

(以下略)

 

まぁ何があったかと言うと、このブログの存在を知り合いに知られたわけです。

 

今頃見られてるかも知れん∑(゚Д゚)

 

私は、親友にも誰にもこのブログのことを話していない。偽名でブログやってるってことも話していない。家でこっそりブログやってる気配を消してきた。殺し屋レベルの証拠隠滅。→失敗したけど

 

ブログには私の不倫やセックスのことも書いているので、もちろん知り合いに見られると恥ずかしい。

それは裸を見られると恥ずかしいのと同じで、どういう視点から見ても客観的事実として恥ずかしい。

でも私は、まるで裸体という概念そのものを隠蔽するかのように、ブログをしている自分を消してきた。

 

私がここまでしてブログを隠したかったのは、自分の不倫やセックス体験(事実そのもの)を知られないためではなかった。

 

私が恥ずかしかったのは、

不倫の体験談を語る自分

性の話をしている自分

こういうことに興味がある自分

ブログという場で表現している自分

 

どこまでいっても自分自身を恥じていたのだ。

 

てか、本心で生きたいとか言いながら完全に隠してたんじゃん、自分。

それってすっごく、自分を貶める辱める行為。

別に隠すなら隠すでもいいけど、もう私はそういうの、やめにしたいと思ったのだ。

 

そして、もうひとつ思ったこと。

 

もうめちゃくちゃ恥ずかしい思いをする経験っていうのは、

「もっとオープンに生きろ」

「もっとオープンに生きても大丈夫」

というサインなのだ。

 

知り合いにブログがバレかけたとき、一瞬閉鎖せなと思ったけど、

自分がビクビクオドオドしてるだけだなと思った。

そして、この恥ずかしさを乗り越えてみたいとも思ったのだ。

 

でも今回、すごくラクになったしいつかこうなることもなんとなく知っていた気がする。

表現は人間の本能的欲求だ。

自分をさらけ出したい、本心で生きたい動物なんだ。

私の無意識の欲求が今回の出来事を引き起こした気がした。

自我の放つパワーってかなり強くって、

それをどんなに抑えようとしても滲み出るし、もっと抑えようとするといつか「何か」が起こる。もしくは、自分が暴れだす。

火山みたいなもの。

 

それほど、本心を隠すというのは不自然なことなのだ。

 

今は裏アカでやっているこのブログ。

どんどんリアルの自分に近づけていきたい。

f:id:sarasainmidnight:20160606143455j:plain