昨日よりも自由。30代からの感情解放。★無料メール相談受付中★

感情を抑えて自分を抑えて良い子ちゃんをやるのはもう卒業。30代、性と生のすべてにまつわる感情解放の日々の記録。メール相談はhttp://sarasainmidnight.hatenablog.com/entry/2017/07/22/142258

今どんなに暗く苦しく孤独でたまらなくても、いつか抜ける日が来る

夏が来た。

夏が来るのが怖かった。

 

ちょうど一年前、私は不倫の恋愛を始めた。

 

どれだけ忙しくても全力で時間を作り、全力で秘密を守り抜き、全力で恋し、全力で幸せだった季節。

膨大な思い出と想いを彼の車とホテルの密室に閉じ込めた、去年の夏。

 

この季節が来ると、すごく苦しくなるんじゃないかと恐れていた。

 

 

ーーーでも、大丈夫だった。

ちゃんと新しい夏が来てくれた。

海とか浴衣とかをちゃんと楽しめる夏が来てくれたのだ。

 

外側の出来事は何も変わっていないし、今でも心の重さに悩むこともある。

自分に何が起こったのかよくわからないけど、ただいつの間にか、心のカラーが変わっていた。

今までと違うものを見れるようになっていた。

 

あれ・・・・・・??

 

抜けてしまえば、こんなものか。と思う。

 

 

***

 

今でこそそう思えるけれど、辛い思いを抱えている時って、もうそれしか見えない。

 

今あるしんどさ、辛さ、重さからどうにか逃げたくて、何かせねば何か手を打たねば、ってすごく思う。

でもハラから湧いてくるエネルギーがないので、身体は動きたくないし動けない。

そしてその狭間でものすっごく焦る。

 

日に日に自分が淀んでいるような気がするし、このまま腐っていくんじゃないか、一生私はこのままなんじゃないかと本気で思う。

 

そして、こういう場合にありがちなんだけど頭はギンギンに張り詰めていて、身体や私自身を置き去りにして思考はどこまでも鋭く深く尖っていく。

この出来事の意味は何か、どうしたらこれを抜けられるのか、そればっかり考える。

今すぐ、早く、答えを見つけたい。そうしてどんどん思考と視野が狭まっていく。

 

私はこういう時、「今日の星占い」的なサイトにすごく頼った。

今自分が抱えている出来事の意味は?って、毎朝血眼で占いサイトを見ていたな。

 

 

でも、しんどさから抜ける時って、そういう局面で訪れるものではない。

 

いつの間にか周りの風景が変わっていたことに気づき、あれ、以前の自分とは何か違うぞと初めて気づく。

あるいは、突然パーーーンと場面が切り替わる。

コマなし自転車に初めて乗れるようになった時とか、逆上がりができるようになった時の感覚に似ている。

 

 

***

 

以前、野口整体公開講座野口裕之氏がこう話していた。

 

「病のときに大切なのはただじっと待つ事。

シンプルだけど、これが皆なかなか出来ない。」

 

野口裕之氏は昔、川に飛び込んだ瞬間、心臓発作を起こし体が動かなくなりそのまま流されたが、それでも身体が回復するのをじっと待って助かったと話しておられた。

 

 

私はしんどい渦中にいた時、ただただ引きこもった。

誘いは全部断り、周りがアクティビティに楽しんでいるのを尻目に、湧いてくる焦りを何とかなだめて、なーーーーーんにもしなかった。

したことといえば、自分の心に向き合い続けたこと。それだけだった。

それが良かったのかも知れない。

 

あの時は、自分の人生が暗くて淀んで孤独で寒くて重くてしんどくてたまらなかったけれど、あの時の風景はあの時にしか見れないものだったんだな、と今少し懐かしく思う。

 

深海に素潜りして、今ようやく光の届く水面近くまで上昇してきた感覚。

 

 

***

 

今現在渦中にいる人に言いたい。

 

そこがどんな暗いしんどい世界であっても、どうか目を開けてその風景をしっかり見ておいて欲しい。

 

その風景が過去になり、記憶の中でしか見えなくなる日は絶対に来る。

懐かしく思える日は来る。

 

辺り一面真っ黒でも、目をつぶって過ごすのとは全然違う結果がいつか現れる。

いつまでも続くような感覚に陥るだろうけど、今たまたまそういう状況なだけ。

万物は流転する。進化する。

 

 

だから安心して、潜っておいで。

 

 

f:id:sarasainmidnight:20160730163955p:image

闇を纏う私^^

マジョリカマジョルカのサイトで作った。似てねぇ!!!