昨日よりも自由。30代からの感情解放。★無料メール相談受付中★

感情を抑えて自分を抑えて良い子ちゃんをやるのはもう卒業。30代、性と生のすべてにまつわる感情解放の日々の記録。メール相談はhttp://sarasainmidnight.hatenablog.com/entry/2017/07/22/142258

ビミョーに逃げてるから悩みが大きくなるのだ。

表題は、借金問題を抱えていて気づいたことだ。

別に金銭問題に限ったことではなく、何にでも言えること。

 

***

 

私は借金を返さねばならない。

 

借金を抱えるというのは苦しいことで、すぐに解消できるものではなく、数ヶ月、もしくは1年くらいの時間をかけて私はこれを解消していかないといけない。

 

でも私は現在、週4日のアルバイト雇用。

 

まず思いついたのが「アルバイトから正社員に雇用を変えてもらうこと」。

これはおそらく可能だけれど、勤務日数を増やすと休日が減り、責任も大きくなる。これは今の私には少し勇気がない。

現状既に今の仕事に疲れていて、これ以上この環境で働くと自分のバランスが崩れるかも知れない。

 

ーーじゃあ、職を変えるか?

今以上に給料の良い仕事に就けるとはなかなか思えない。

 

 

ーーじゃあ、アルバイトの傍ら、自分のスキルを活かして新しい仕事を始める?

まだお金を生み出せる自信がない。

それに必要な設備・資材を揃えるにも資金がかかる。

その資金を捻出するのに勇気が出ない。

 

 

……と、手詰まり。

のように見えるけど、実際はそうじゃない。

 

小さな逃げ道の穴を見つけてそこに入っちゃってる。

 

たくさんの「どーせ云々」を言い訳にして、状況を変えていこうとしていない。

 

悩みながらも、悩んでいる状況から抜け出そうとしていない。

 

 

つまり、問題に対して本気になっていないのだ。

 

 

***

 

実は「自分の借金問題」の奥底で、

 

「会社の仕事が激務なのが悪い」

「雇用がないのが悪い」

「私が借金をするに至ったシステムが悪い」

「手頃な資材が見つからないのが悪い」

 

と思っているふしがあって、自分の問題を、

最終的には「人のせい」にしているのだ!!!

 

「人のせい」にして、そこから先は思考停止。

「どうすれば解決できるか」について考えようともしていない!!

※ついでに言うと、この「〇〇のせい」の「〇〇」の穴埋めを、人は無限に作ることができる。

 

がーーーーーん!!!!!!!

 

 

…ということに気づいた。

 

 

 

***

 

人は問題を抱えたとき、多かれ少なかれそのときはショックを受けるけれど、それが生死に関わる問題ではない限り、案外、以前と変わらない生活を送ることができるもんではないかと思う。

案外以前と同じペースで暮らしていくことができるのではないかと思う。

 

「時間の解決」を頼ってそのペースで解決を待つこともできる。

それも一つの方法。

 

 

でもね。

一刻も早く解決に向かいたいのなら、そのペースを変える必要がある。

やり方を変える必要がある。

 

 

ずっと悩み続けるのか?

不平不満を抱え続けるのか?

それとも今ここで変わるのか?

勇気をもって行動を起こしていこうとするのか?

 

 

何を選ぶかは、自由だ。