昨日よりも自由。30代からの感情解放。★無料メール相談受付中★

感情を抑えて自分を抑えて良い子ちゃんをやるのはもう卒業。30代、性と生のすべてにまつわる感情解放の日々の記録。メール相談はhttp://sarasainmidnight.hatenablog.com/entry/2017/07/22/142258

私のがんばらない禁煙①/本当に美味しい?

タバコやめた。

 

こんなにがんばらない禁煙は初めてだ。

 

というわけで、今回私が実践できた「がんばらない禁煙」について書いていきたい。

 

***

 

私のタバコ歴は24歳の時から。

それ以前から吸ったことはあったけど、本格的に吸い始めたのは24歳の春、仕事や失恋のストレスでタバコに手が伸びたところから喫煙習慣が始まった。

 

以来、時々やめたこともあるけれど、継続的に吸い続けている。

 

 

これはタバコを好んで吸う人にしかわからない感覚だと思うけど、

タバコっていいものだ。

タバコを通してしか味わえない感覚がある。

何かひと仕事終えて、タバコに火をつけて、ふっとひと呼吸した時の安堵感。

頭や神経がクリアになる感じ。

そんなときに外の風景が眼前に広がっていると、最高。

冬の白く枯れた風景とかだと、なお最高。

丁寧に落とした珈琲を片手に、じっくりゆっくり味わいたい。

 

そうやってすごく美味しく楽しく吸っていた。

 

けど、最近呼吸は浅い。咳も出る。朝は気だるい。

もうやめようかな、と時折思うようになった。

 

はい、禁煙が頭にチラつくようになったら、

もうやめどきです。これ恋愛と一緒やね!

 

 

とはいえすぐにやめることはできなくて、

「いやいや美味しく吸っているんだからまだやめなくてもいいでしょう」って抵抗する自分が必ずいるんだけど、私はタバコと自分の関わりを省みてみた。

 

 

本当に美味しい?

本当にリフレッシュ&リラックスしてる?

本当に吸いたい?

 

 

いや・・・

 

 

そうでもない。

 

 

過去に美味しいと思った記憶と身についた習慣があるだけで、

今の今、タバコが好きかというと、そうでもないのだ!!

 

臭いし。

実際さほどストレス解消になってないし。

前述のように身体はだるいし。呼吸がすっきりしていないし。

とりあえず、とりあえずって吸っている感じ。

例えるならば、腐れ縁の彼氏ととりあえずカラダの関係を続けている感じ………。

 

これから何百本ものタバコを吸い続けたところで、

きっとこの先美味しいと思える一本はないんだろうな。

 

 

んじゃあ、もう答えは出ている。

やめよう。

そう決めた。

 

ではどうやってやめれたのか?

 

続く。

 

f:id:sarasainmidnight:20161008154604j:image