昨日よりも自由。30代からの感情解放。★無料メール相談受付中★

感情を抑えて自分を抑えて良い子ちゃんをやるのはもう卒業。30代、性と生のすべてにまつわる感情解放の日々の記録。メール相談はhttp://sarasainmidnight.hatenablog.com/entry/2017/07/22/142258

「会社を辞めよう」一年かけてようやく決意できた。

一年間悩み抜いた果てに、今夜やっと、会社を辞めると決めた。

 

やーーーーーーーっと、決めることができた。

 

会社を辞めると決めることは、なぜこんなに清々しい気持ちになれるのだろう。

 

 

***

 

本当は一年前から会社を辞めたいと思っていたんだけれど、一歩踏み出す勇気がなかった。

 

「次にやりたいこともないし」

「他の会社に比べてやりたいことをやらしてもらえるんだし」

「給料も他と比べて悪くないし」

「ものすごく嫌なことがあるわけじゃないし」

「むしろゆるい会社でこんな不満を言っている私がおかしいんじゃないか」

 

と、ずっとぐるぐる考えていた。

 

こう考えることで、

「自分はまだ頑張れる、

不平を垂れている自分の方が間違っている」

またもや自分を責める方向に行っていた……。

 

自分を大切にしたいとか、自分のやりたいことをしていたいとか考えていた筈なのに、現職に対してはこんなに盲目だったとは!!!

 

 

***

 

今日、辞めようと思ったきっかけとなった出来事があったんです。

 

今日、自分に対する社長や上司の評価について、ある人が耳打ちしてきました。

 

それはとても不本意な内容でした。

その場にいたわけではないから真偽の程はわかりません。

 

でもそのとき私の頭をよぎったのは、

 

ーーーそんな評価、おかしい。

ーーー私の仕事、全然解ってもらえてない。

ーーーそもそも、なんでそんな話、わざわざ本人に言うの?

ーーー誰を、何を、信じたらいいの?

 

ていういろんな思い。

悲しかったし悔しかったしすげーームカついた。

 

でも同時に、

「あ、もう全部いいや」

と力が抜けました。

 

 

以前からも私は、

自分が職場で正当な評価をされていない、声が全然届かないということは感じていて、

なんとか変えたいと躍起になっていた。

でも無理だった。

ずっとコミュニケーションが上手く取れなかった。

 

 

でも今思うと、

それは私が力不足だったからではなく、

 

そもそもやらんでいいことだったのだ。

 

 

私のお仕事はもうここまでってことなんだ。

自分を責めることは何一つないんだ。

 

 

 

あと、

そもそも論かも知れんけど…。

もう私、

この会社でやりたいこと、

これ以上何もないわ。

 

ごちゃごちゃ言い訳を後付けせんでも、これだけで良かったのだ!!(笑)

 

 

***

 

まだ退職意志を会社に伝えてはいない。

でも退職を決めたことで、すごく気持ちが楽になった。

 

今日やっと、

私は会社より自分自身を優先することができたのだ。

 

今日やっと、

私は自分を責めるのをやめて、自分を護ることを選ぶことができたのだ。

 

 

だから今日が退職記念日だ。

 

  

会社を辞めるって、なんでこんなにワクワクするんだろう^^

 

 

 

 

f:id:sarasainmidnight:20161013230739j:plain

自由の夜明け前。