昨日よりも自由。30代からの感情解放。★無料メール相談受付中★

感情を抑えて自分を抑えて良い子ちゃんをやるのはもう卒業。30代、性と生のすべてにまつわる感情解放の日々の記録。メール相談はhttp://sarasainmidnight.hatenablog.com/entry/2017/07/22/142258

人を嫌うことを我慢してませんか?嫌いな人はしっかり嫌おう(^ ^)

私には困った癖があって、

誰かキライな人ができた時に、こう思ってしまうのだ。

 

 

「他に彼/彼女を嫌ってる人なんていないし、私が間違ってるのではないか?」

 

「嫌いになる理由なんてないのに」

 

 

「好きになれるように見方を変えてみよう」

 

 

そして一人でぐるぐる考えに考えて、我慢してそこそこ仲良いふりして(でも大抵の場合相手にこちらの違和感ムードが伝わっている)、ストレス溜まって部屋で一人で泣いたりして っていうことが過去何度かあったな。

 

・・・

 

・・・

 

・・・

 

 

 

はい、

 

無駄な努力\(^o^)/

 

 

 

 

もうさぁ・・・・・・・・・

 

 

嫌いなもんは嫌いだって世界の中心で叫んでもいいのだ

 

ていうか、その前に心が声を大にして叫んでるやん

それを素直に認めればいいのだ

 

 

 

誰を嫌おうが誰を愛そうが、

自由なのだ!!

 

 

 

 

そう気づいたのはごく最近の話でした。

 

 

***

 

先日、かれこれ2年以上日常的に顔を合わせていた人を、やっと<キライ認定>することができました。

 

その人とは最初に会った時からずっとずーーーっと、

 

なーんか違和感あるんだよなぁ、

なーんかコミュニケーションのタイミングが噛み合わないんだよなぁ、

なーーーんかやな感じなんだよなぁ・・・・・・

 

って思っていました。

 

でも明るい人だし、

みんなに好かれているみたいだし、

仕事で一目置かれているし、

 

「こんなこと考えている私が間違ってるんだろう」

と本気で思ってました。

 

こんな調子で2年経過。

 

その間もやっぱり好きになれなかったし、

全然信頼関係は築けなかったし、

イライラばかりが募った。

 

んで先日、ある出来事をきっかけに、

もうこの人とはこれ以上付き合いたくないと思った。

 

 

そしたらその途端、すごくラクになった。

と同時に、

 

なぜ自分がその人をそこまで嫌うのか

 

その理由を

 

深ーーーーーく、理解できた。

 

 

自分とその人には痛いくらいに共通点があったのだ。

下女な部分、というか、自分自身の扱い方 が全く同じだった。

でもそれはすごく自分のコアな部分だったし見たくない部分で、

だから長年光を当てることができなかったのだ。

 

 

人をしっかり嫌うことで、

自分をいっそう受け入れることができたのでした。

 

 

 

***

 

あと、

一旦「キライ」と認めたあとにその人を愛せるようになるパターンもよくある^^

親とかね。

 

この「最終的に愛せる」という結末に急いでたどり着こうとしなくていいよね。

 

 

しっかり嫌えばいい。

なんなら憎んでもいいw