昨日よりも自由。30代からの感情解放。★無料メール相談受付中★

感情を抑えて自分を抑えて良い子ちゃんをやるのはもう卒業。30代、性と生のすべてにまつわる感情解放の日々の記録。メール相談はhttp://sarasainmidnight.hatenablog.com/entry/2017/07/22/142258

美容院で髪切って不満だった話と、そこからの気づき

久しぶりに髪を切りに行きました。

 

 

美容院は半年くらい行っていない。カットは1年くらいしていない。

毛先が傷んでホウキみたいになってきたので、思い切ってカットしに行った。

 

というわけで、いつもお願いしている美容院へ。

 

 

 

〜〜中略〜〜

 

 

 

1時間半後。

 

 

仕上がりはビミョーだった。

 

 

傷んだ毛先部分はカットしたので指通りはかなりよくなったけど、

見た感じのイメージ、

ガラスの仮面」に出てくる「顔半分髪で隠れた人」とか、

ゲゲゲの鬼太郎」の「片目が隠れた主人公」みたいな、

 

まぁ早い話、長い前髪で顔半分隠れてしまうという鬱陶しさだった。

 

 

いくら流しても片目は隠れる。

 

いくらすいても片目は隠れる。

 

鏡の前で私と美容師さん、晴れない表情の二人(笑)

 

 

いっそのこと前髪を眉くらいまで切ることも相談したけれど、

美容師さんいわく「この方が雰囲気出ます。あと少し伸ばせば耳にかけられます。」

とのことで、今日はこれ以上いじりませんでした。

雰囲気出すぎな気がします

 

 

 

お店を出て数分、猛烈にイライラし始める。。。

 

この前髪はないだろ…せめてワックスか何かでセットしてよ…んで「普段のセットはコテで巻いてください」って言われても…家に無いって言ってんのに…服に切った髪の毛いっぱいついてチクチクしてるし…行くんじゃなかったよ…

 

近くのショッピングセンターに立ち寄って、トイレの鏡で改めて見てみる。

どう角度を変えて見ても、どう整えても、前髪の鬱陶しさは変わらない。

しかし私はそこで唐突に気づいた。

 

 

これが現実。

 

 

これが私の髪。

 

 

これが今の私の毛量で、これが今の私の長さ。

これが今の私の髪質。

この結果は間違いでもなんでもない。

正真正銘、私自身の結果。

 

 

私はこの結果を美容師さんのせいにするところだった。

しかし本当は、美容師さんは私のあやふやなイメージ(「こんな感じで、こんなニュアンスで…etc」)を拙すぎる説明から精一杯汲み取ってくれたし、雑誌の写真の中から拾い上げてくれたし、彼女の腕前でもって私の髪型を私の好みに極力近づけてくれたのだ。

 

その最善の努力の結果が、今の髪型なわけ。

 

 

ていうかさぁ…

 

半年以上髪の手入れをサボり

毛先をホウキみたいに傷ませ

髪の毛のことを放置。

 

 

それをぜーんぶ棚に上げて

 

「かわいくしてください」なんて、

 

甘えてんじゃねぇよ!!!

 

 

たった一回ぽっちのヘアカットで全ての怠慢をチャラにしようなんて、

都合良すぎだわ私!!!!!!

 

 

 

ガーン(白目)

 

現実を見た瞬間だった。

 

 

 

***

 

そういえば、今回の出来事で思い出したけど、

こうやって美容院から出てきてイライラすること、昔たくさんあったなー。

 

ていうか、私の10代20代の美容院経験はほとんどそんなだった。

 

なりたい自分になれず、うまく髪型を扱うこともできなくて、不満ばっかりだった。

 

それなぁ、そもそもな、

モデルさんの顔が可愛いからです。

顔の大きさ違いすぎます。

自分の髪質わかってません。

カラーとかパーマをケチっているからです。

 

今やっとわかった。

ていうか今まで全然わかってなかった。

これまで生涯で何度も鏡を見てきたはずなのに、実は何も見ていなかったのだ。

 

 

ガーン(白目)