昨日よりも自由。30代からの感情解放。★無料メール相談受付中★

感情を抑えて自分を抑えて良い子ちゃんをやるのはもう卒業。30代、性と生のすべてにまつわる感情解放の日々の記録。メール相談はhttp://sarasainmidnight.hatenablog.com/entry/2017/07/22/142258

「感情と向き合う」を手放す?!②/問題探しをしなくていい

前回の続き

 

…の前に。

 

 

今回の記事を書くにあたって、あーでもないこーでもないと何度か書き直してました。

 

タイトルを「感情と向き合うを手放す」としてますが、

厳密に言うと手放したわけではないな~と思い返しました どないやねん

 

 

私が言いたいのは、

 

あえて感情解放をしなくなった ということ

 

または

 

問題探しをするために感情解放をしなくなった ということ

 

あるいは

 

感情と向き合うというのは日々呼吸をするようにすればいいんじゃないか ということ

 

です。

 

 

やっぱり問題探しは苦しいです。

問題探しをしていると問題を見つけます。

しかも、別に大した問題じゃないことも問題として認識してしまいます。

なんか重箱の隅をつつくみたいにして自分の心と向き合っても、

やっぱり自分自身、幸せ感じれません。

 

 

ところで、私「じぶんノート」つけてました。

日々感じたことを書き出したり、重い感情とか激しめの出来事が出てきたら、

ノートに書いて「なぜこう感じたのか?」を紐解いて行ったり、

感情と向き合うためのツールとして使ってました。

 

でも最近、書かなくなりました。

 

ノートを書くのを日課にしようと決めていて、何も書くことが思い浮かばない日もノート開いてみたりして、

そしたらいつの間にかやはり「問題探し」している自分がいた。

「そーいえばあの問題、どーなった?」って書き始めて、考えているうちに「そーいや何も解決してない…」って沈む。。。(ー ー;)

 

そういうのが全部めんどくさいなって思って、もう書いても書かなくてもどっちでもいいやって思って、気付いたら全く書かなくなりました。

 

こまごまとノートをつけるような女の子に実は憧れてたんだけども。残念なり。

 

 

あと私、日に10本くらいブログを読んでいました。それもやめました。

「パートナーにも仕事にも恵まれてファッションも素敵な起業女性」のブログだとか、「自分らしく生きるための占い」のブログとか、その他スピ系のブログ。

 

知らず知らずのうちに比べちゃったり、自分が感じたことの逆をその人が書いてたりすると、「そうかぁ、、、私間違ってたのかもな」って思っちゃったり。

これもまた、「自分に問題がある」「もっともっとできるはず」

っていう視点で読んでいたので、面白かったけどちょっと苦しかった。

だから読むのやめてすごくラクになっている自分がいました。

 

 

***

 

感情と向き合うのって、ただただ自分の心と対話するシンプルな行為のはずなのに、

いつの間にかそこに期待、思惑、コントロール、拘り、損得、ツール、、、

いろんなものがくっついて、重く苦しくやってしまうことがある。

 

本当はもっと、力まず、軽やかに、自由にすればいいのかも。

そういった意味では、まさに「ライフワーク」なのかも知れません。