昨日よりも自由。30代からの感情解放。★無料メール相談受付中★

感情を抑えて自分を抑えて良い子ちゃんをやるのはもう卒業。30代、性と生のすべてにまつわる感情解放の日々の記録。メール相談はhttp://sarasainmidnight.hatenablog.com/entry/2017/07/22/142258

可愛いとかブスとか関係ない。自分という素材をただ見ること。

最近、髪を切りました。

前回失敗して以来のリベンジだったからなかなか気合が要りました。

 

 

ばっさりいきました。

「慢性疲労ぎみの中堅地方OL」が、晴れて「ヘルシーなエスパーまみ」になりました。伝わるのかな。

 

今回は大成功でした。最後、前髪を短く切ってもらった途端に自分の表情がぱあっと明るく変わるのがわかった。パートナーにも同じことを言われました。

身体感覚も変わる。足取りがすごく軽くなった。気候はまだ寒いとはいえ冬が完全に終わった感じがする。はやくも身体が春を受け容れたみたいだ。

なんで今まで髪を切らなかったんだろうか??と不思議になる。

 

***

 

ここに至るまで髪型選び、超・迷いました。

私、髪型に関しては妙なプライドを持っているのか地雷を抱えているのかなんなのかよくわからんけど、どうやら自意識の集まるボディパーツみたいで、絶対失敗はしたくなかった。

 

今回、自分の写真に髪型を当てはめるスマホアプリを使って研究を重ねました。

そこでまた絶望。

過去自分が好んで繰り返しやってきた髪型(タイトショート)が全然似合わへん。

ここ2年くらい目指してた髪型(ゆるいパーマあてたロング)が全然似合わへん。

 

普段いかに自分の見たいように自分を見ていたか

そして、

いかに自分が見たくないものを見ていなかったか

思い知りました。

ずーーーーんorz

 

 

いつも雑誌のヘアカタログで髪型を選ぶとき、

「これってモデルさんの顔の可愛さで選んでないか…?」って気がうすうすしてはいたのですが、ほんとその通りだった。

素材ムシ。まるっきり自分の顔を見ていない。

そりゃあ、失敗を重ねるわなと反省しました。

 

メイクも一緒のこと。

最近メイクも変えた。今まで流行りのピンクブラウンのアイメイクを毎日していたけど、コレ似合ってなくないか?目、腫れぼったくなってないか?と自問の末、違う色を試してみたら、今まで敬遠していた色が似合うことがわかった。

今まで雑誌のモデルさんの顔ばっかり見て、自分の顔をきちんと見れていなかったのだとまた反省。

 

 

 

素材を素材のまま生かしてあげる。

 

ここにおいてはもはや、素の顔が可愛いとかブスだとかってぜんっぜん関係ない。

 

ただただ、素材を見つめること。

 

どんな形なのか、どんな色なのか、どんな感触なのか。

 

 

今まで私は、パプリカからトマトソースを作ろうとしたり、ナスからかぼちゃスープを作ろうとしたり、そういう無謀なことをしようとしていたのかも。

 

 

 

以上、新生エスパーまみによる美容道でした。

にしてもメイクってやっぱ楽しいね。

あ、私が使ってたスマホアプリはこちらです。メイクも試せます。

あと、最強のヒマつぶしにもなるよ。

 

 

Android

play.google.com

 

iPhone

YouCam メイク - カメラ、自撮り

YouCam メイク - カメラ、自撮り

  • Perfect Corp.
  • 写真/ビデオ
  • 無料