昨日よりも自由。30代からの感情解放。★無料メール相談受付中★

感情を抑えて自分を抑えて良い子ちゃんをやるのはもう卒業。30代、性と生のすべてにまつわる感情解放の日々の記録。メール相談はhttp://sarasainmidnight.hatenablog.com/entry/2017/07/22/142258

人に迷惑をかける、怒られる、嫌われる

私は小さい頃から優等生で、人間関係では「人から嫌われないようにする」ということを最優先で生きてきたので、

人から怒られたり非難されたりするのがとても怖いです。

 

自分の心と向き合うことをするようになった今でも、その怖さはなかなか変わりません。

 

 

***

 

先日、ある人に大きな迷惑をかけてしまいました。

怒られ、非難され、そしてその人たちとの関係はそれっきりになりました。

 

 

明らかに自分に非があったので相手には謝罪し、こんなこと二度と繰り返さないと誓い、きっちり反省して、やるだけのことはやった、相手はまだ怒っているかもしれないけれどもうこれ以上は仕方がない、

 

ということは頭ではわかるのですが、

 

 

あとからあとから、罪悪感と怖さの嵐が襲ってきます。

 

 

もっといい方法があったんじゃないか・・・

事態を回避できなかった自分はおかしいのか・・・

今頃すごく悪口を言われてるんじゃないか・・・

あとでまた何か言われたらどうしよう・・・

もう自分は大きな顔をしてその界隈を歩けないかも・・・

 

 

などなど、気がつけばしょっちゅうその事を考えている自分がいました。

ネガティブ一直線。もう、きりがない。

 

 

まるで自分が悪い汚い生き物になってしまったかのような、

身体の中にどろどろしたものを溜め込んでいるかような感覚になりました。

 

それでもじっと、そのどろどろとただ向き合うように過ごしていました。

 

 

***

 

でも、考えてみたらまぁ当然のこと。

 

 

今まで嫌われることを何が何でも回避してきた自分が、

あえて嫌われる選択肢を選べるようになったとしても、

マインドもすぐに切り替えられるとは限らない。

 

「嫌われるのなんて平気♫」とは、すぐには、なれない。

 

どうしたって、嫌われるのって怖い。しんどい。痛い。

 

それはもう、しょーがないや。

 

 

怖かったら、ただただ怖いに浸ればいい。

 

それが「嫌われるのが怖い」の克服法だ。

 

怖がっている自分を怖がらなくてもいい。

 

 

 

***

 

「怖さ」とじっくり向き合って、ずーーんと凹んで落ちていたとき、さらに気づきがあったのでまた書きます。

 

 

 

 

↓過去にもこんな記事書いてた。

sarasainmidnight.hatenablog.com