昨日よりも自由。30代からの感情解放。★無料メール相談受付中★

感情を抑えて自分を抑えて良い子ちゃんをやるのはもう卒業。30代、性と生のすべてにまつわる感情解放の日々の記録。メール相談はhttp://sarasainmidnight.hatenablog.com/entry/2017/07/22/142258

いつも何かを考えている、白黒つけたがる

さらさです。

 

先日友人と旅行してきました。

 

関西某所、家の一階部分に船を収納できるおうちが並ぶ海辺のまちです。

(ガレージに車ではなくて船が入っているイメージ)

 

 

f:id:sarasainmidnight:20170818165638j:plain

 

 

海が穏やかで。

雨がしとしときれいで。

家が美しくて。

住民の動きがゆっくりで。

んでご飯がすっごいうまいの。

 

すっごく豊かでゆったりした良い旅行だった。

 

 

私、今までいろいろな旅行をしてきたけれど、ごく最近まで旅行でこんな豊かで充実した思いをすることはなかったように思う。

いや、最近までっていうか、今回の旅行がはじめてかも……ゴニョゴニョ

 

 

いつも何かを考えていた。

いつも正解を探していた。

いつも何かをジャッジしてた。

いつも何かに◯か×をつけていた。

日常生活でも、旅行中でも、どこにいても何をしていても、いつもいつもそうだった。

 

と、いうことに最近ようやく気づいた!!

 

 

 

仮にこの思考で美しい風景を見たとしても、その美しさを享受することなんてできない。絶対ない。

 

「あ~美しい風景だ。」

「この風景見てたら、少しは悩みが軽くなるかな」

「ここよりももっときれいなところ知ってるけどな」

「こんなところで時間費やしても実生活に役に立たないんじゃないかな」

「どうせすぐまた日常に戻るんだしな」

「私が今回ここに来た意味はなんだろうか?何に引き寄せられたんだろう?」

「あのインテリアはここをもっとこうしたらいいのに」

 

みたいな……

 

こんな奴と旅行したらうざいだろうな……(遠い目)

 

 

***

 

今私は、あらゆるジャンルの解決すべき問題をたくさん抱えている。

それで、最近まではずっと、起きている時間ずぅっと、毎日毎瞬、それについて考えてる日々が続いていた。

何をしても楽しくなかった(でも楽しいふりはしちゃう)。

 

あるとき何もかもが全然楽しくない自分に気づいて、

常時頭フル回転状態であることに気づいて、

気づいてもすぐに止めることができたわけではなかったけど、

私いつも何かを考えているけどその割に全然進歩していないな と、

少しずつ悩み以外の部分に意識を向けることができるようになった。

 

あと、何かについてぐっと考え込んでいるときは、呼吸が苦しくなったりお腹が詰まったり、体が不快感を感じるようになったりもした。

 

 

そして思った。

なんで私が今も昔もこんなに悩んでいるのかというと、たぶん、

「悩ましい出来事が起こるから」ではなく、

「あらゆる物事をジャッジしたいから」

「白黒つけたいから」

「物事の正解が欲しいから」

=物事には正解があると思い込んでいる

 

そんな思い癖があるからじゃないかなぁと思った。

 

 

正解を求める生き方をしていると、そりゃ感覚なんてあいまいでしかなくて二の次になっちゃうよね…。

 

これについてはまた書きたい。

 

***

 

まだ無料相談やってるよ〜。

 

sarasainmidnight.hatenablog.com