昨日よりも自由。30代からの感情解放。★無料メール相談受付中★

感情を抑えて自分を抑えて良い子ちゃんをやるのはもう卒業。30代、性と生のすべてにまつわる感情解放の日々の記録。メール相談はhttp://sarasainmidnight.hatenablog.com/entry/2017/07/22/142258

身体を動かすとか、スペースクリアリングとか。

心の問題が深くなると、心だけで解決したくなることって、あると思う。

 

 

たとえば、なんか辛い・苦しい・しんどい っていう時に、

じっくり自分の心と向き合ってみようと内観したり、

この感情はどこから来るのだろうと深堀したり、

心の本を読んだり、

カウンセリングを受けたりセミナーを受けたり

を集中的にやって、自分を変えようとする。

 

そしてふと気がつけば、余暇の時間はずっとこれ↑で過ごしている。

 

 

そんなこと、ない???

 

 

もちろん、

このアプローチ法のひとつひとつはどれも全く間違っていない。

むしろものすごく正しい方法だと思うのだけれど、

 

もし解決の過程が長引くような場合、

これらだけでは行き詰まることがあると思う。

別種のしんどさが出てくることがあると思う。

 

 

心っていうのはある面でとても深く、暗く、狭い器官だから、

気づいたら視野がものすごく狭くなっていたり、

いつのまにか執着していたり、

周りがみえなくなっている 

そういうことが往々にしてあると思う。

 

(私自身、もともとすっごい根暗だから、そういう傾向が強いのかも知れないです)

 

 

だから、心以外の時間を持つことも大切と言いたい。

 

母親が、ずーーっとずっと子どものことを見つめていたら、

いくらお母さんっ子でもちょっと嫌でしょ??

「お母さんそろそろ自分のことして」って思うんじゃないかな笑

それと同じこと。

 

 

 

最近身体、動かしてる?

整体でも美容院でもいい、メンテナンス行ってる?

部屋の掃除、してる?

要らないもの、溜め込んでない?

周りの人と話してる?人と話す機会、減ってない?

お笑いでもなんでもいい、最近笑った?

いいクソしてる?

 

 

いつも感情と向き合おうとか心のことばかりを書いている自分ですが、

最近改めて、生活の営みってやっぱり馬鹿にできないなと思ったことがあって、

シェアしてみました。

日々の営みの些細なことからふと心が軽くなったり、

もつれた糸がほどけるように感じたりすることがある。

それは気休めといっちゃあ気休めなのだけど、

そもそも心を楽にすることがそもそもの目的なのだから

これも決して間違ったアプローチではないのだよな。

 

 

昨日はいっぱい服捨てましたー。