昨日よりも自由。30代からの感情解放。★無料メール相談受付中★

感情を抑えて自分を抑えて良い子ちゃんをやるのはもう卒業。30代、性と生のすべてにまつわる感情解放の日々の記録。メール相談はhttp://sarasainmidnight.hatenablog.com/entry/2017/07/22/142258

おなかの感覚を感じるだけ

さらさです。

 

11月になりましたね。

 

11月に入ってから、なんとなくホッと安心できるなぁと感じるのは私だけでしょうか。

空気全体がざわざわしていたのが落ち着き、

やっと静かな空間に身がおさまったような感覚があります。

 

秋の作用かなぁ。

 

 

**

 

sarasainmidnight.hatenablog.com

 

前回こんな記事を書きましたが、

 

感情が揺さぶられるような出来事がたくさん起こるときって、

本当にチャンスなのだなぁと改めて思います。

その渦中にいるときは本当にツライんだけど、

出来事をきっかけに感情が洗われるみたい。

ドラム式の洗濯機に入ったみたいな激しさがありました…! 

 

でも激動を経て、以前よりも情緒が安定してきたように思うし、

ときどき起こる感情の波にもどっしりと向き合うことができるようになってきました。

 

 

感情をなんとかしようとしない。

 

名前をつけなくてもいい。

 

理由付けもしなくていい。

 

原因探しもしなくていい。

 

ただそのうねりをうねりのまま、感じること。

 

それがようやくわかってきました。

 

 

んでね、最近さらにわかったことなんだけど、

 

感情って体感として感じることができる。

 

 

身体の中で、

多くの場合、

おなかの中で感じ取ることができる。

 

今日はお腹が重いな、とか

なんだか胸のあたりがつまってるな、とか

煙が充満しているみたい とか

石がずっしり詰まってるみたいだ とか

なんかお腹のあたりがかゆいような違和感があるぞ とか

 

この感じをじーんと身体の中で感じながら、呼吸する。

集中する。

そしたら、“その感じ”が身体の中で変わってくる。

溶けていくこともあるし、別の部位に移ることもある。

 

これが最近の私の感情解放。

 

 

何が言いたいのかというと、

 

感情解放って、

 

これだけで良かった!!!!!

 

知らんかった!!!

 

 

 

外側のできごとに揺さぶられて、

雑音でアタマも心もいっぱいになって、

一番内側の静かな空間に耳を傾けることができなかったんだなぁ……。

 

 

**

 

最近の私は、

自分のおなかに感覚を集中させるというワークを、

通勤電車の30分間でやっています。

 

これをやると、仕事したくな〜いっていう日も、

ハラが決まってしっかり働けるのだよ。