昨日よりも自由 ✴︎ 今ここからすべてを始める

感情を抑えて自分を抑えて良い子ちゃんをやるのはもう卒業。30代、性と生のすべてにまつわる感情解放の日々の記録

感情と向き合う

他者の目を気にする人生と、自分自身を生きる人生と、その<あいだ>の時間。

今日もまた本の話から。 最近この小説を読んだ。 西加奈子「うつくしい人」。 うつくしい人 (幻冬舎文庫) 作者: 西加奈子 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2011/08/04 メディア: 文庫 クリック: 2回 この商品を含むブログ (2件) を見る この本すごい。出て…

悩む理由(さらさの場合)

さらさです。 ここしばらくの間、私はあることでモヤモヤと悩み続けています。 最初のうちは問題はひとつに見えていたけれど、時間が経っていくにつれいろいろな要素が絡み合ったものなのだとわかってきた。 何をどう選択すればいいのか、前にも後ろにも進め…

変化とは泥臭く地道なものだ(だから焦らない焦らない)

さらさです。 最近、この本読みました。 服部みれいさんの『あたらしい移住日記』 あたらしい移住日記 作者: 服部みれい 出版社/メーカー: 大和書房 発売日: 2016/11/26 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (2件) を見る

悩みごとの本質と解決

悩みごとの多くは、 今在る自分をそのまま認めてあげると、 たちどころに解決するのではないかと思うのです。

自分を責め続ける の詩

私がもし やりたい仕事やって 活躍して お金を稼いで かわいい服を着て メイクして どんどんかわいくなって 毎日楽しくて幸せで どんどん魅力的になったなら

人に迷惑をかける、怒られる、嫌われる

私は小さい頃から優等生で、人間関係では「人から嫌われないようにする」ということを最優先で生きてきたので、 人から怒られたり非難されたりするのがとても怖いです。 自分の心と向き合うことをするようになった今でも、その怖さはなかなか変わりません。

「やらなあかん」問題にどう対処したのか

前回の続き。 sarasainmidnight.hatenablog.com 引っ越しにあたって発生する数々の「やらなあかん」こと。 できればやりたくないこと。逃げたいこと。 これを私はどうやって切り抜けたのか?

「やらなあかん」こととの闘いと体調不良

久しぶりの更新っ!!! こんばんわ、さらさです。 このブログを書いていない期間、引越しをしてました。 厳密に言うと、 「引っ越しと引っ越しでくらったダメージの癒し作業」 が正しい。

「感情と向き合う」を手放す?!②/問題探しをしなくていい

前回の続き …の前に。

「感情と向き合う」を手放す?!①/なんにもしない生活のその後

相変わらず、ぼーーーっと、たゆたうように、流れるように暮らしています。 「最近の私はなんにもしない」とこれまでのブログでちょいちょい書いてきましたが、 「なんにもしない」って、毎日何をしているということなのか? 今日はこれについて書きます。

なんにもしない私になるまで

絶好調、「なんにもしない」キャンペーン実施中のかわなべです。 キャンペーン特典、何もなし! ポイント集めても、何もなし!!! 年明けくらいから始まったこの「なんにもしない」運動。 これは自分の心身にとてもいいもののようなので、もっといろいろ書…

両親の不仲問題

年末年始と実家に帰省している私ですが、帰省するたびにいつも身構えてしまうことがある。 うちの両親、非常に仲悪いです。 ときどき怒鳴り合いしてます。

私たちはみんな泉。本来豊かで、毎日新しくなっている存在。

先日パートナーと旅行に行った。 日々のあれこれにまみれてぐちゃぐちゃになっている私を見かねて、パートナーが提案してくれたのだった。 私の心は自分で思っているより疲れていたのか、 感覚が訪れるのが一拍遅いような鈍いような、ずっとぼーっと過ごして…

なんにもしない。

「今は何にもしたくない」 その本音を無視して、ずっとずっと、 「今の私は何がしたい?」「何がしたい?!」って、 自問ばかりしていた。

自分のことを労わることすらできないなんて。

ここ数日、気分は最悪だった。 仕事に行かなくてもいい日々が訪れ、 やったぁ休みだ〜♩ …と、のんびりゆったり暮らすはずが、 全然そうでもなく、 毎日、私の胸の中のザワザワ感は増していくばかりだった。

この世界は安心・安全ということ/33歳女の粗相

今日の朝の出来事。 ある言葉が何の脈絡もなく突然浮かびました。 「この世界は安心・安全」

ものすごく嫌なときも。感情を感じる。

昨日は朝から憂鬱だった。仕事に行きたくなさすぎた。 ゴタゴタの末に決めた退職、そしてその終了日の間際に、 これでもかと仕事が降りかかってきて、ついでに人間関係の面倒ごともあって、 昨日は、昨日だけは、どうしても会社に行きたくなかった。 これ以…

その頑固さは何を守っているのか?

毎日いろいろなことがあります。 私、もうすぐ会社を辞めます。 すでにカウントダウンに入っています。 今、残されたわずかな仕事の処理作業に入っているんですが、 そんなわずかな仕事の中でも、 別のスタッフ間の不和に知らん間に巻き込まれてしまった。

パートナーとのケンカは風邪みたいなもんだ

昨日、パートナーとケンカした。 最近なんだか二人の間に不穏な気配が漂ってるな~とは感じていて、 自分の心の中にも言葉にならないモヤがあるようなないような・・・・・・ そんな状態が続いていた。

一番恐れていることと向き合う。<自己表現>。

しばらくは仕事のことを書こうと思っていたけれど、 今日はうまく書けなかったので別の話。 私が一番恐れていることは、 自分をありのまま表現すること だ。

会社をクビになって思うこと①

先日の記事にも書いた通り、私は先日会社を クビ になりました。 クビになって、心の中は大荒れだった。 なんせ私、 今まで優等生やったから

長ったらしいブログ記事に隠された本心

昨日、人間関係である出来事があり、それについて思うところがあって、記事を書いていた。 1500文字くらい、いつもより少し長い記事になって、頭が熱くなってくる感覚があったので下書きに残して一旦作業をやめた。

嫌われないように、いつも一歩引いている。自分を表現してない。

嫌われたくないというのが根底にあるなぁと気づいた話が前回。 sarasainmidnight.hatenablog.com それについてずっと考えていて、新たに発見したこと。

本音。それでもやっぱり私は嫌われるのが怖い。

掲題の通りです(笑) 気になる方のみ先をお読みください^^; 嫌われたくない願望って誰でも多少なりとも持っているものではないかなぁと思うけれど。

元不倫相手の娘と仲良くなっちゃった話

その日私とパートナーは、あるスポーツサークルの集会に出掛けて行きました。 二人とも普段運動なんかしないくせに、気まぐれで参加してみたのです。 そしたらそこで、 元不倫相手の嫁・子どもたち (つまり彼以外家族全員)に遭遇。

他人の心配ばっかりしてんじゃねぇ

珍しく怒ります。 私が会社を辞めるにあたって、周りの人がさまざまな反応を見せる。 どういう反応をするかで、その人の心の中身がわかる。 今日は、職場のある男性から多大な心配をされました。 「これから彼氏と二人でどうするんすか・・・?」

人を嫌うことを我慢してませんか?嫌いな人はしっかり嫌おう(^ ^)

私には困った癖があって、 誰かキライな人ができた時に、こう思ってしまうのだ。 「他に彼/彼女を嫌ってる人なんていないし、私が間違ってるのではないか?」

今の今まで自分は優等生だと信じて疑わなかったよ_| ̄|○ チーン

いちおう前回の続きです。 sarasainmidnight.hatenablog.com このたびの退職騒動(ほぼほぼクビ)でわかったことがあります。 いろんな感情が湧き上がる中で、最も抵抗を感じた感情 それは

「感情を感じる」ができていなかった!!

最近仕事のゴタゴタがあってから、以前にも増してさらに日常にいろんな感情が出てくるようになった。 この先不安だなぁ、仕事ツライなぁ、しんどいなぁ、悲しいなぁ、ずっとこんなだったらどうしよ、上司も社長もなんなんだよ、 などもうそればっかりがぐる…

嫌な出来事は罰でも仕打ちでもなんでもない。感じて終わればよい。

会社を辞めるってことを決めたのが前回の記事。 sarasainmidnight.hatenablog.com それを本日、雇い主に伝えました。 そしたら、予想外にも最悪の反応が返ってきた。