昨日よりも自由 ✴︎ 今ここからすべてを始める

感情を抑えて自分を抑えて良い子ちゃんをやるのはもう卒業。30代、性と生のすべてにまつわる感情解放の日々の記録

矛盾しても良いということにした

こんにちは、さらさです。

 

コロナの自粛期間中、時間がたっぷりあったもんで

星占いの基礎本を読んでいました。

それがなかなかおもしろくて、

占いの知識としてはまだまだ断片的にしか拾えていないんですが、

人間を理解するにはとても役立ったように思います。

 

そこで学んだ最大のことは、

人間、最初っから矛盾をはらんでいるのだ

ということ。

 

例えば、外に向かって出ていく欲求もあれば、

内側に向かっていく欲求もある。

度合いこそ違えど、両者を持っているという点では

皆同じ。

 

 

これを知った時、すごく安心感があった。

矛盾ってすごくダメなこと・恥ずかしいことだとずっと信じていたけど、

果たして本当にそうかな???

 

そりゃ確かに、場面によっては矛盾してると

どっちやねんって突っ込まれるかも知れないけど、

(就活の自己PRとか)

人として、矛盾した両極をあわせもっているというのは

本当にダメなことなんだろうか?

 

逆に、今まで「矛盾してはいけない!」って

断固信じていたことの方が不思議で。

 

 

両極をあわせ持つというのは、

見方によっては「はっきりしないこと」かも知れないけど、

それによって確実にバランス感覚が養われますよね。

 

そして、そのバランス感覚を精妙に使えれば使えるほど、

生きるのがラクな気がします。

オールオアナッシング、ゼロか100かの考え方って、

行きすぎると最終的に自分の首を絞めませんか。

 

これもしたいしあれもしたい、これも良いしあれも良い、

こう思うし同時にこうも思う。

そういったことをジャッジせず、

ただただありのままに感じていこうと思います。